日教館イメージ(ブログ)
  1. 日教館だより(トップ)

志望校判定模試(県模試)

2017-12-18

12月3日、中3生対象の県模試を行い、先日結果が届きました。一部に偏差値が前回と変わらなかった塾生、下がった塾生もいましたが、前回の模試から偏差値を3伸ばした塾生、2伸ばした生徒、6伸ばした塾生、1伸ばした塾生、7伸ばした塾生などなど、ほとんどの生徒が偏差値を伸ばしました。Rさん、全受験者中5位の成績で、テスト主催社から賞バッジを授与されました。Rさんは今回で3回目の受験ですが、賞バッジを毎回獲得しています。素晴らしいですね。

各自の学力に応じた問題に取り組んだり、質問をして解決したり、暗記のやり直しをしたり、各自の弱点を毎回乗り越える問題解決型授業、教室に入ると自主的に学習に取り組み、授業中に全く私語がない状態に、塾を訪問される方は驚かれる様です。皆さん、よく努力していますね。有り難う!


学校再開

2020-06-10

長く続いたコロナウィルスの影響による学校の休校でしたが、5月にはオンライン授業を導入した学校もあった様です。5月下旬からは一部の高校では授業を再開しし、6月に入ると小中高の全ての学校の授業が再開しました。学校の休校中、日本教育学館では、学年やコース別の進度目標を決め、朝から夜まで、学年やコース別の、曜日や時間を分けた分散授業を行いました。

保護者の方々からは消毒液やマスクの寄付等、様々なご支援をを頂き、大変助かりました。お蔭様で、塾生たちは元気に塾での学習を続けることができました。不思議なことですが、学校の休校期間中に大きく成長した生徒たちが多かったようです。学校の休校中、長時間の家庭学習が出来る様になっただけでなく、今まで以上に自分で深く考えて問題を解く習慣がついた生徒たちの中には、学校通学時の半年分の学習を2か月でやった塾生たちもいますが、このような経験から大きな自信を得た様です。コロナウィルスの不安は付きまといましたが、学校の休校期間は、『自分がここまでやれるという自信を生む経験をする期間』でもあった様です。日本教育学館は、常に保護者様の深いご理解とご協力を頂き、塾歴30年を超えました。塾の課題に真面目に取り組み、大きな成長を見せてくれた塾生の皆さん、本当によく頑張りましたね。保護者の皆様、いつもご理解、ご協力、ご支援を頂き、有り難うございます。


新型コロナウィルスと塾

2020-04-04

小中高の休校で、日本教育学館は学年別の時間割を設け、午前9時45分から授業を開始、新小学3年生~高校生まで、毎日の通塾でした。小学生は九九の13桁まで暗記し、四字熟語もたくさん暗記しました。よく頑張りましたね。『規則正しい生活ができたて良かった』、『勉強が楽しいと言って、子どもが喜んで塾に通った』、『かなり濃い勉強ができた』など、保護者様からたくさんの嬉しいお言葉を頂き、毎日の通塾は4月第1週〔土曜日〕まで延長しました。新型コロナウィルス感染者が増えていますので、4月第2週からは、教室内が密集状態にならない時間割を作り、学校の休校に対応します。手洗い、うがい」はきちんとしましょうね


新学期講座

2020-03-14

新学期講座の定員=塾歴30年・・・一人ひとりに目が届く親身の指導で鍛えます。・・・志望校判定テスト〔全国・県内〕

★小学生定員📖=*中学受験コース・・・学年3~5名〔附属中受験・市内私立中受験〕

            *公立中進学コース・・学年3~5名〔実力養成〕

★中学生定員📖=*NZ=久留米附設・修猷館・城南・中央コース・・・学年7名

         *NA=基礎標準コース・・・学年3~5名

★高校生定員📖〔英語専科=高1からの大学受験対策・・全学年合計6名

大学合格実績=九大・東工大・九工大・福教大・鹿児島大・佐賀大・青山学院・中央・帝京・同志社・関西学院・立命館・関西外大・西南・福大

高校合格実績=久留米附設・修猷館・福岡・早稲田佐賀・城南・中央・西南・大濠・筑女・東福岡・中村女・若葉・福岡工業・講輪館・博女福女・福岡舞鶴

中学合格実績=福岡教育大附属・西南・筑女・中村女

受験に役に立つことわざ為せば成る 為さねば成らぬ 何事も 成らぬは人の 為さぬなりけり ・・・・・努力はきっと実ります!

★★★日本教育学館の問題解決型授業で、上記の結果が出ています。📖

問題解決型授業学生の学力に応じた段階の学びに取り組ませ、問題点〔わからないこと・解けない問題〕を発見させ、解説指導で各学生の問題点を解決します。問題解決型の授業では、深く考える探求心・よく調べる習慣・自分から学習に取り組む自学習慣・問題点を解決するまであきらめない意欲などが育ち、わからないことを質問できるようになり、その結果として、学力が向上しています。問題解決型授業は、学生に無駄な時間をつくらせず、能力を引き出す授業方法です。 

 

 


« Older Entries